日経新聞に連載していた高村薫の「新リア王」が、途中挿し絵画家の盗作事件や、日経側の無断改作事件(無理矢理一話引き延ばした)でゴタゴタしながら終わった。
相次いだ騒動でかなり株を落とした日経の次の連載作家は渡辺淳一
たぶんそのことと今回の人選は関係ないんだろうとは思うけど、なんとなく
「ははーん。他のベテラン作家は誰も引き受けてくれなかったんやな。」
などと勘ぐりたくなってしまう。
渡辺淳一好きじゃなかったけど、いい人っぽいような気がしてきた。
「いいよいいよ、僕が書いてあげるから。」みたいな。